バイエルン、ラフィーニャと2018年まで契約延長「とても光栄に思っている」

「家族のような存在」

「家族のような存在」

バイエルンとの新契約を結んだラフィーニャ photo/Getty Images

ドイツ屈指の名門バイエルン・ミュンヘンが16日、ブラジル人DFラフィーニャとの契約を2018年6月まで延長したことを発表した。

今季限りでドイツ王者との契約が満了を迎えるはずだった攻撃的SBだが、クラブ側がラフィーニャとの契約延長オプションを行使することを決断。2011年に同じくブンデスリーガのシャルケより加入した31歳のDFが、クラブ公式サイトで、無事にバイエルンとの新契約締結にこぎつけた喜びを語っている。

「クラブと新たに契約を延長することができてとても光栄に思っているよ。僕がこのバイエルン・ミュンヘンというクラブにやって来てからおよそ6年の年月が経過したけど、このチームは僕にとって家族のような存在であると同時に世界でも最高クラスのユニットだよ。今後もここバイエルン・ミュンヘンで可能な限り多くの栄冠を勝ち取っていきたいね」

バイエルンでは公式戦186試合に出場し、4ゴールを挙げたラフィーニャ。ブラジル代表としても選出された経験を持つ実力者との新契約締結は、ドイツの雄にとっても意味のあるサインとなったにちがいない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ