チェルシーが誇る万能型DFが待望の契約延長 新たなタイトル獲得を誓う

「大事なのはトロフィーを獲得すること」

「大事なのはトロフィーを獲得すること」

今季は3バックの一角として活躍 photo/ Getty Images

今季のイングランド・プレミアリーグ第15節終了時点で首位に立っているチェルシー。リーグ戦9連勝中と波に乗っている状況の中、同クラブに新たな朗報が舞い込んだ。

同クラブDFセサル・アスピリクエタが2020年までの新契約にサインしたと、クラブ公式ホームページが伝えている。なお、同選手は同メディアを通じ、契約延長が決定したことについて喜びを露わにした。

「新たな契約を結べたことに満足しているよ。このクラブの一員になってからは常にトロフィーのために戦ってきた。この契約は自分に新たなチャンスを与えてくれるものだし、望んでいた通りになって本当に嬉しいよ。今シーズンは充実した時間を送れていると思う。初日から内容の濃いトレーニングを積んでいるからね。コンテ監督は新たなアイディアをクラブにもたらしているし、彼と仕事ができて嬉しいよ。明らかにチームは進化しているけど、大事なのはトロフィーを獲得すること。選手、監督、ファンはそれを心から願っているからね」

同選手は2012年8月にチェルシーに加入。当初は右サイドバックのレギュラーとして活躍していたが、2013年にDFアシュリー・コール(現LA・ギャラクシー)の代役として左サイドバックにコンバートされた。左右どちらのサイドでも遜色なくプレイできる点が当時同クラブを率いたジョゼ・モウリーニョ監督に評価され、その後も左サイドバックのレギュラーとして君臨。2014-2015シーズンのリーグ制覇に大きく貢献した。また、今季はアントニオ・コンテ監督の指導の下、3バックの一角として同クラブの守備を支えており、最終ラインであればどのポジションでもプレイできるポリバレントな才能を発揮している。

一時は今季のリーグ戦6試合連続で完封勝利を収めるなど、強固な守備が光っているチェルシー。高い戦術理解力が求められるコンテ監督直伝の3バックに難なく適応してみせた同選手の残留は、同クラブにとって追い風となるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ