またしても高速ドリブルを見せつけたムヒタリアン マンU指揮官もマンオブザマッチに認定

「非常に重要なゴールだった」

「非常に重要なゴールだった」

公式戦2試合連続ゴールのムヒタリアン photo/ Getty Images

11日にイングランド・プレミアリーグ第15節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドがトッテナムに1-0で勝利し、第3節以来となるリーグ戦完封勝利を果たした。

同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督はクラブ公式ホームページのコメントで、この試合で高速ドリブルから貴重な先制点を挙げたMFヘンリク・ムヒタリアンのプレイを絶賛した。

「高い位置でボールを奪い、素早く攻撃に転じるカウンターを狙っていたんだ。(ムヒタリアンの)ファンタスティックなゴールが決まって、最終的にそれが重要なゴールになったね。今日の試合は相手GKではなく、ムヒタリアンがマンオブザマッチに相応しいけど、相手GKがマンオブザマッチになっていてもおかしくない試合展開だった。チーム全体のプレイを考えれば、負けは相応しくない。試合結果は我々に委ねられていたけど、今日は試合を楽しむことができた。プレッシャーにさらされた状態では、楽しめるものではないからね」

同監督が「フィジカル面、戦術面の両方でハードに取り組めている」と評するなど、好調さが目立っているムヒタリアン。直近の公式戦で2試合連続ゴールを挙げた事実にとどまらず、トッテナム戦では持ち前のハードワークを活かして指揮官が目論むカウンター戦術を忠実に遂行し、勝利に貢献してみせた。負傷により一時離脱を余儀なくされる点が悔やまれるが、今後もマンチェスター・ユナイテッドの攻撃を牽引する中心選手として、注目を集めるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ