アグエロの悪質な飛び蹴りを食らったダビド・ルイス「彼は多くをもたらしてきた偉大なFW」

アグエロを糾弾せず

アグエロを糾弾せず

ピッチ上に横たわるD・ルイス photo/Getty Images

彼が蹴るべき対象はダビド・ルイスではなく、サッカーボールでなければならない。3日にエティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・シティとチェルシーの一戦で、ストレスを溜めたアルゼンチン代表FWが見せたのは恐るべき悪行だった。

今夏に世界的名将ペップ・グアルディオラを招聘したシティは、ホームにプレミアリーグ首位を走るチェルシーを迎え入れ、アグレッシブな攻撃サッカーで果敢に攻め立てるも、わずかな隙を突かれ無念の3失点。アントニオ・コンテが築き上げた堅固な要塞を崩し切ることはできず、ロスタイムには“望まぬ余興”もあった。D・ルイスの執拗なハードマークに苦しんだセルヒオ・アグエロが、後半ロスタイムに強烈なキックを披露。もちろんその高精度で悪質な飛び蹴りは確実にD・ルイスの足をとらえ、レフェリーは迷うことなくレッドカードを提示した。

さらにこのアグエロによる突然の悪行はフェルナンジーニョとセスク・ファブレガスの決闘といった“副次的な衝突”を生み、多方面に良からぬ影響を及ぼしている。しかし当の被害者であるブラジル代表CBが試合後に残したコメントは想像以上に寛大だ。

「僕は今日の出来事についてあまり話したくないよ。アグエロはサッカー界に多くをもたらしてきた偉大なFWだ」

彼は火に油を注ぐよりも、悲劇に見舞われたシャペコエンセへの愛情を存分に示した。

「それよりこの勝利を亡くなったブラジルの人々に捧げたい。あそこには何人か友人がいた。謹んで哀悼の意を表したい」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ