ネイマールが見せた優しさ ”エル・クラシコ”にシャペコエンセのユニフォームを持参(動画アリ)

悲劇のチームに寄り添うブラジル代表の10番

悲劇のチームに寄り添うブラジル代表の10番

photo/本人Instagramより

バルセロナは現地時間3日、リーガ・エスパニョーラ第14節でレアル・マドリードとの伝統の一戦"エル・クラシコ"を戦い1-1で引き分けた。

FWネイマールは、この試合でFKからFWルイス・スアレスの先制点をアシストする活躍ぶりを見せたが、その試合前に行ったある行動が話題となっている。ブラジル代表で10番を背負う24歳のストライカーは、スタジアムに入る際、シャペコエンセ(ブラジル1部)の選手らを乗せたチャーター機が、メデジン(コロンビア)郊外の山中に墜落した事故を受け、シャペコエンセのユニフォームを携えてスタジアムに入っていたという。スペイン『MARCA』やバルセロナの公式Twitterが伝えている。

同選手は自身のInstagramに「Força Chape(頑張れシャペコ)」というハッシュタグとともに、「神は私たちを祝福し、私たちを守る」というメッセージをつけ、自身が着用するスパイクやユニフォームとともにシャペコエンセのユニフォームを並べた写真を投稿していた。世界中のサッカーファンが注目する一戦で、ネイマールは母国のサッカー選手たちを襲った悲劇の被害者たちに向け、彼らをサポートする姿を見せている。

 






参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ