岡崎、絶妙ワンタッチゴールで今季2得点目 アウェイで弱すぎるレスター、最下位サンダーランドにも敗北

途中出場ながら結果を残した岡崎

途中出場ながら結果を残した岡崎

今季2点目を奪取した岡崎 photo/Getty Images

3日、プレミアリーグ第14節で日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはサンダーランドと対戦した。試合はサンダーランドの本拠地スタジアム・オブ・ライトで開催され、岡崎は6試合ぶりにベンチスタートとなった。

14位に沈むレスターと最下位サンダーランドによる一戦。序盤から互いにゴールまで攻め込む白熱した展開となるもスコアは動かず、0-0のまま試合を折り返す。サンダーランドの指揮官デビッド・モイーズは後半立ち上がりからMFデナイヤー、MFピーナールに代えてMFキルヒホフとMFラーションを投入し、2枚代えでチームに変化を与える。すると64分にセットプレイから決定機を迎える。右CKからMFキルヒホフが放ったヘディングシュートがレスターDFフートに当たってオウンゴールを誘い、先取点を手にした。

レスターが1点を追いかける展開となり、指揮官のクラウディオ・ラニエリはFWスリマニに代えてFW岡崎をピッチに送り込む。その後立て続けにMFグレイ、FWムサを投入し流れを引き寄せようと試みる。だがサンダーランドFWデフォーがこぼれ球を押し込んで今季8得点目をマーク。追加点を奪われてリードを広げられたレスターだったが80分、左サイドを突破したグレイがニアサイドに素早いクロスを送り込み、走り込んだ岡崎が絶妙に合わせて1点差に詰めよる。しかし反撃も及ばず、レスターは敵地で1-2のスコアでサンダーランドに敗れた。レスターはリーグ戦5試合で勝ち星がなく、アウェイでは一度も白星を掴めていない。次節はホームでマンチェスター・シティと対戦する予定となっている。

[メンバー]
サンダーランド:ピックフォード、ジョーンズ、コネ、ジロボジ、ファン・アーンホルト、デナイヤー(→キルヒホフ 46)、ピーナール(→ラーション 46)、ワットモア(マンキージョ 85)、ヌドング、アニチェベ、デフォー

レスター・シティ:ツィーラー、シンプソン、モーガン、フート、フクス、マフレズ(→ムサ 73)、アマーティ、キング、オルブライトン(→グレイ 73)、バーディ、スリマニ(→岡崎 68)

[スコア]
サンダーランド 2-1 レスター・シティ

[得点者]
サンダーランド:オウンゴール(64)、デフォー(77)
レスター・シティ:岡崎(80)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ