シュトゥット細貝の奥さんが食あたりの浅野を看病!? 「栄養たっぷりのお粥を作ってくれた」

良い事の後は悪い事が起きる

良い事の後は悪い事が起きる

ニュルンベルク戦で1ゴール1アシストの浅野 photo/Getty Images

シュトゥットガルトは11月28日、ブンデスリーガ2部の第14節でニュルンベルクとホームで対戦した。試合は、2試合ぶりにスタメン出場を果たした日本代表FW浅野拓磨の1ゴール1アシストの活躍もあり、シュトゥットガルトが3-1でニュルンベルクを相手に勝利。なお、右足の小指を骨折していたMF細貝萌がこの試合で途中出場し、約1か月半ぶりの実戦復帰を果たしている。

そんな中、ニュルンベルク戦でチームの勝利に貢献した浅野が1日にブログを更新。「ホーム初ゴールを決めることができ、チームも勝利して勝ち点3を取ることができました! 早くゴールが取りたかったので、やっと取れたというのが正直な気持ちです。いい報告ができて嬉しい」と喜びを綴った。

さらに浅野は「良い事の後は悪い事も起きるもので、昨日の夜から食あたりにあってしまいました。朝からあまり食べてなかった僕に、細貝さんの奥さんが栄養たっぷりのお粥を作ってくれたおかげで、今はだいぶ良くなりました」と体調不良で先輩の奥さんのお世話になっていたことを明かした。

体調を万全の状態に戻し、今後日本代表の攻撃を背負うであろう浅野には、ドイツでさらなる飛躍を遂げてもらいたいものだ。今後の彼の活躍に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ