J2にスペイン人指揮官の波が到来! 徳島、リカルド・ロドリゲス監督の就任を発表

アジアでの指導経験も

アジアでの指導経験も

バンコク・グラスFCを率いていたころのリカルド・ロドリゲス監督 photo/Getty Images

J2の徳島ヴォルティスは、スペイン人指揮官リカルド・ロドリゲス氏が来季の新監督に就任することを発表した。

リカルド・ロドリゲス氏はクラブの公式サイトを通じて「日本で監督になることを以前から望んでいたのでうれしく思います」とコメントした。そして「チームとしてのアイデンティティー」の創造や「魅力的なスタイルのフットボールを創り上げること」を追求していく考えだと明かした。

現在42歳のリカルド・ロドリゲス氏はレアル・マドリードメキシコアカデミーダイレクターやマラガのアシスタントコーチなどを経験。その後2011年から13年までサッカー協会のテクニカルアドバイザーなどでサウジアラビアサッカーに貢献し、近年はタイでラチャブリーFC、バンコク・グラスFC、スパンブリーFCで監督を経験するなどアジアでの指導に携わってきた。

ジェフユナイテッド市原・千葉にはヘタフェで指揮を執ったフアン・エスナイデル氏が、東京ヴェルディには元ビジャレアル監督ミゲル・アンヘル・ロティーナ氏が監督に就任することが発表されており、いまJ2にスペイン人指揮官の波が到来している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ