上司も部下も関係ない! クラブCEOの批判に反撃するボアテング「次は面と向かって言うべき」

チームに不穏な空気か

チームに不穏な空気か

今季はなかなか本領を発揮できないボアテング photo/Getty Images

突如として内部抗争が勃発した。決して絶好調とは言えないバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、自身のパフォーマンスに苦言を呈したカール・ハインツ・ルンメニゲCEOに対し反論の姿勢を示している。

事の発端は23日に敵地で行われたチャンピオンズリーグのロストフ戦をよもやの2-3で惜敗したことだ。同試合後、ルンメニゲ氏は「特に守備陣が酷いプレイだった」とした上で、ボアテングについて「もっと落ち着き、やるべきことをやる必要がある」と糾弾。クラブのボスから受けた非難に対し、ボアテングも黙ってはいられなかったようだ。『sky SPORTS』がドイツ代表CBの反撃を伝えている。

「笑わせるね。次はしっかり面と向かって内々に俺を批判すべきだ」

ルンメニゲ氏がメディアを通してこの種の叱責を伝えたことが正解だったかは分からないが、ボアテングを筆頭としたバイエルン選手らも不甲斐ない働きぶりを露呈していることは事実だ。いずれにせよ、サポーターが望んでいるのは彼らの“内輪揉め”ではなく、圧倒的なピッチ上でのパフォーマンスであることは間違いないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ