フランク長谷部が体現する“カメレオン”サッカーに独メディア「彼はどんな状況にも対処する」

大一番制し、4位へ

大一番制し、4位へ

高い柔軟性を見せる長谷部 photo/Getty Images

変幻自在のサッカーを見せる彼らこそ、ライプツィヒを追走するに値する勇敢な兵士たちだ。日本代表MF長谷部誠擁するフランクフルトが26日、強豪ドルトムントをホームで2-1と撃破している。

リベロとしての性能をも証明した長谷部はこの重要な一戦において、“普段”よりも数フィート前めに位置し、敵の攻撃を封じる役割を演じた。試合は後半開始直後のサボルチ・フスティによるゴールでフランクフルトが先制すると、ドルトムントもピエール・オバメヤンが同点弾をマーク。しかしながら、律儀で堅実な日本人MFがもたらした秩序はそう簡単に瓦解することはなかった。後半34分、アレクサンダー・マイヤーに代わって投入されたハリス・セフェロビッチが値千金の決勝弾を奪取。独『SGE4VER』は同試合の勝利に大きな貢献を果たした長谷部のプレイを次のように振り返った。

「マスカレルがイエローカードの累積で欠場することを余儀無くされたため、長谷部誠がまたしてもより前めで仕事をこなした。彼はどんな状況にも対処できる人間だ。フスティがゲームコントロールに手を焼いていた一方で、この日本人は多くの時間を守備に費やした」

ブンデスリーガを彩る人気クラブを破ったことで、フランクフルトは勝ち点を24に伸ばし4位に浮上。首位を独走するライプツィヒとは勝ち点差6、そしてドイツ王者バイエルン・ミュンヘンとの差はわずかに3だ。ニコ・コヴァチ監督によるフレキシブルな采配と、長谷部の見事な対応力が奏功しているフランクフルト。ブンデスリーガは今、確実に“アツい”リーグとなりつつある。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ