最強の”自虐風”励まし!? ミドルズブラMF「ウチではメッシでも多くのゴールを決めることはできない」

リーグ2番目に少ない得点数

リーグ2番目に少ない得点数

メッシでもミドルズブラでは苦労する? photo/Getty Images

リオネル・メッシが加入したとしても、ゴールを奪うのに苦労するだろう。そう語ったのはミドルズブラMFアダム・クレイトンだ。

ミドルズブラは26日に昨季王者レスター・シティと対戦し、2-2で引き分けた。この試合ではミドルズブラFWアルバロ・ネグレドが2得点と活躍したが、ネグレドはこれが開幕戦以来となる得点だった。なかなか得点を決めないエースに批判的な意見が出ても仕方がないが、クレイトンはミドルズブラで得点を決めるのは容易なことじゃないと主張している。

英『Express』によると、クレイトンは「僕はメッシがウチでプレイしたとしても、多くのゴールを決めるとは思わないね。アルバロはチャンスが少ないんだ。僕たちはリーグのベストチームらと対戦していて、チャンスは限られている」とコメントし、得点数が伸びないネグレドを擁護している。

確かにミドルズブラは得点を奪うことに苦労しており、今季はハル・シティに次いで少ない12得点しか奪っていない。ネグレドの責任というよりは、チーム全体でチャンスを作り出せていないことに問題があるのだろう。たとえスーパースターのメッシが来たとしても、ゴールを量産できる可能性は低そうだ。メッシでもと言われれば、ネグレドも少しホッとするところがあるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ