7連勝なのに!? トッテナム撃破のチェルシーに”失格者”が2人いたとファーディナンド氏が批判

最終ラインの穴なのか

最終ラインの穴なのか

トッテナム撃破したチェルシー photo/Getty Images

現在絶好調のチェルシーは、ここまでリーグ戦で黒星のなかったトッテナムをも2-1で撃破。無失点記録は止まってしまったが、リーグ戦の連勝を7に伸ばして首位をキープしている。

しかし、解説を務める元マンチェスター・ユナイテッドDFリオ・ファーディナンド氏は内容に満足していない。同氏が問題ありと指摘したのは、チェルシーのセンターバック2人だ。3バックに変更してからはセサル・アスピリクエタ、ダビド・ルイス、ガリー・ケイヒルがセンターバックを務めているが、同氏はダビド・ルイス以外の2人は良くなかったと批判している。

英『METRO』によると、同氏はアスピリクエタとケイヒルの足下の技術に難があると感じており、「トッテナムが前からプレッシャーをかけてきた時、彼らは繋ぐことができなかった。ケイヒルとアスピリクエタは不十分だ」とコメントしている。この試合ではトッテナムのハリー・ケイン、デル・アリ、ソン・フンミンらが前線から激しくプレスをかけてきたが、序盤のチェルシーは繋ぐことに苦労していた。ファーディナンド氏は唯一ダビド・ルイスのみが対応できていたと感じているようだ。

結局トッテナムは1-2で敗れてしまったが、チェルシーの3バック崩しのヒントを示したとも言える。今後はアスピリクエタとケイヒルへのプレッシャーを強めてくるチームも出てくるかもしれないが、彼らはそれに対応できるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ