コンテ、ファンを煽って声援を後押しに! チェルシー、連続完封ストップもトッテナムに逆転勝利

リーグ戦で今季初黒星を喫したトッテナム

リーグ戦で今季初黒星を喫したトッテナム

逆転勝利で喜びを爆発させたコンテ photo/Getty Images

26日にプレミアリーグ第13節が行われ、チェルシーとトッテナムがスタンフォード・ブリッジで対戦した。現在首位を走るチェルシーは6試合連続完封勝利中。一方、5位トッテナムは今季リーグ戦で未だ無敗である。

ホームのチェルシーボールでキックオフされた試合は、開始直後にセットプレイからトッテナムFWハリー・ケインがゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴールとなった。だが、これで勢いに乗ったトッテナムは11分、完璧な守備をここ数試合見せていたチェルシーの牙城をついに崩す。ドリブルで仕掛けたデル・アリからボールを受けたクリスティアン・エリクセン。ワントラップすると、ペナルティアーク左から思い切って左足を振り抜く。アウト回転のかかったシュートは、ゴール左に突き刺さり、トッテナムが先制に成功した。

その後も試合を優位に進めるトッテナム。1点リードして試合を折り返すと思われたが45分、ペドロがペナルティアーク左でボールを受けると、すぐさま反転してシュートを狙う。ゴールの外側から巻いたボールは右サイドネットに吸い込まれ、チェルシーがスコアをタイに戻してハーフタイムを迎えた。
後半に入ると、前半とは打って変わりチェルシーが攻勢にでる。すると51分、エデン・アザールのパスを受けたディエゴ・コスタが左サイドをドリブル突破。深い位置からグラウンダーのクロスを入れる。ペドロがニアサイドに走り、DFを引き付けると、ボールはファーサイドにフリーで走り込んだビクター・モーゼスのもとへ。ダイレクトで打ったシュートは、GKとDFに当たりながらもトッテナムゴールにねじ込み、チェルシーが逆転に成功した。

その後、一進一退の攻防を見せるが、指揮官アントニオ・コンテがファンを煽る場面が見られるなど、ホームの声援を後押しにしたチェルシーが逃げ切り、トッテナムを相手に2-1で逆転勝利を収めた。

7試合ぶりに失点し、連続完封勝利を6でストップするも、7連勝で首位をキープしてみせたチェルシー。一方のトッテナムは、ついにリーグ戦で今季初黒星を喫し、不敗神話が12で止まってしまった。

[スターティングメンバー]
チェルシー:クルトワ、アスピリクエタ、D・ルイス、ケイヒル、モーゼス(→イバノビッチ 81)、カンテ、マティッチ、M・アロンソ、ペドロ(→オスカル 83)、D・コスタ、アザール(→ウィリアン 77)

トッテナム:ロリス、ダイアー、ヴィマー、ヴェルトンゲン、ウォーカー、ワニャマ、デンベレ(ヤンセン 83)、ソン・フンミン(→ウィンクス 65)、エリクセン、デル・アリ(→エンクドゥー 73)、ケイン

[スコア]
チェルシー 2-1 トッテナム

[得点者]
トッテナム:エリクセン(11)
チェルシー:ペドロサ(45)、モーゼス(51)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ