アトレティコで苦しいシーズンを送っている“神の子”、腰の筋肉を負傷 オサスナ戦回避へ

離脱期間は不明

離脱期間は不明

腰の筋肉を負傷したトーレス photo/Getty Images

アトレティコ・マドリードは25日、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが負傷したことを発表した。なお、離脱期間などは発表されていない。

今季公式戦で14試合に出場するも、スタメンに名を連ねたのはわずか5試合となっているトーレス。奪ったゴールも2ゴールと、苦しいシーズンを送っている。そんな中、トーレスはトレーニングで腰を負傷。MRI検査の結果、左腰の閉鎖筋を損傷していることが判明した。そして、今後についてはひとまず保留し、理学療法のもと治療を行いつつ、数日間は別メニューのトレーニングを行うようだ。クラブの公式サイトが伝えている。

はたして、トーレスは復帰までにどれくらいの期間を要することになるのか。いくつかのスペインメディアは、27日に行われるリーガ・エスパニョーラ第13節のオサスナ戦への出場は絶望的と報じている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ