ポグバの足は遅い? 次期バロンドール候補と言われる男はルーニー、スモーリングより遅かった

スピード活かした突破はそれほど得意ではないか

スピード活かした突破はそれほど得意ではないか

相手と競り合うポグバ photo/Getty Images

今夏1億ポンド近い金額でマンチェスター・ユナイテッドに復帰したMFポール・ポグバは、近い将来バロンドールをも狙えるタレントになるのではと期待されている。マンUでも時折光るテクニックを見せており、やはり能力は高い。

しかし、ポグバには少々スピードが欠けているのかもしれない。英『The Sun』は、今季マンUの選手が記録した最高速度をランキング形式で紹介。1位には今夏に加入したDFエリック・バイリー(34・8Km)、2位にFWマーカス・ラッシュフォード(34・4km)、3位はDFルーク・ショー(33・7km)と続いていく。

では、ポグバは何位に入るのか。同メディアも驚いているが、ポグバはなんと12番目だ。DFのクリス・スモーリング、フィル・ジョーンズ、さらには今季スピードがないと批判されているズラタン・イブラヒモビッチ、ウェイン・ルーニーよりも遅い。スピードが絶対必要というわけではないが、世界最高の選手になれるかもしれないと言われる逸材が遅いのは、近年のサッカー界では考えにくい事例だ。

ポグバは32・5kmのスピードを記録しており、マンUの選手の中でも遅い部類に入っている。それでもドリブルで相手をかわすシーンも多いが、セリエA以上に早い展開を好むプレミアリーグではスピードの弱点が足を引っ張ることになるかもしれない。

ポグバと同じフランス人MFジネディーヌ・ジダンも爆発的なスピードを持った選手ではなかったが、テクニックで世界を支配してみせた。ポグバも同じように成長できるのか。今後スピードに欠けるバロンドーラーが誕生すれば、現代ではかなり珍しい選手となるはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ