覚醒の香川、9.66の高評価! 世界各国メディアが称賛「ベイルの2ゴールに匹敵するほど」

いよいよ覚醒した香川

いよいよ覚醒した香川

久しぶりの朗報を世界に届けた photo/Getty Images

彼の中で何かが爆発したのだろう。22日のチャンピオンズリーグ第5節レギア・ワルシャワ戦に先発出場を果たしたドルトムントの香川真司が、77秒間の華麗な舞によってホームの観客を唸らせた。

8-4というファンタスティックなスコアにおいて、この日本人MFが関与したゴールは3つだ。2つの素晴らしい得点と、マルコ・ロイスへの気遣いに満ちたアシストである。歴史的な大勝の中で確実に存在感を放った香川に対し、英『Who Scored.com』は9.66という高評価を付けた。また「香川少年! ありがとうロイス! ドルトムントが大勝」と銘打ったブラジルのスポーツメディア『globo esporte』も次のように同試合を振り返っている。

「日本人プレイヤー、香川真司もこの大勝したゲームにおいて非常に印象的だった。77秒間で2ゴール。これは2010年に(当時トッテナムに所属していた)ガレス・ベイルが記録した76秒での2ゴールに匹敵するほどだ」

現在はレアル・マドリードでプレイし、2013年までトッテナムに在籍していたウェールズの怪物とも比較された香川。トーマス・トゥヘル政権の下、今季はベンチ外へと追いやられることも少なくなかったが、この日の2ゴール1アシストは指揮官の目にどう映っただろうか。国内リーグでもこの好調を継続させてくれることを願いたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ