アトレティコに不穏な空気!? キャプテンがシメオネの決断に不満顔でジャージ投げ捨てる

今季3敗目を喫する

今季3敗目を喫する

ダービーでは途中交代を告げられたガビ photo/Getty Images

アトレティコ・マドリードに不穏なムードが立ち込めている。20日のマドリードダービーをホームで惨敗した彼らだが、そのスコア以上にファンを悩ませる一幕があった。

試合はアウェイのレアル・マドリードがクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックによって3-0と完勝。ここ数年、白い巨人を相手に抜群の相性の良さを誇っていたアトレティコにとっては冷水を浴びせられる結果となったが、スペイン紙『as』が指摘するのはディエゴ・シメオネ政権のネガティブな内部事情だ。同紙は62分にアンヘル・コレアに代わりベンチへと下げられたキャプテンのガビが、大いなる不満を抱いているだろうと推察。実際にこのスペイン人MFは明らかに納得のいかない表情でベンチへと向かい、自らのジャージを投げ捨てていた。アトレティコのシンボルとも謳われ、“シメオネ流”を体現してきた指揮官の秘蔵っ子だが、最近ではコケの起用法を巡りわずかな意見の対立があったとも報じられている。

大敗した事実よりも、より多くの懸念が集まりそうなキャプテンと指揮官の不穏な雰囲気。首位レアルとは勝ち点9差となってしまっただけに、一刻も早く“最強のアトレティコ”を取り戻す必要がありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ