「長年レアルの方が良かったが、今では同じレベル」 シメオネはライバル撃破に自信

19日に対決

19日に対決

アトレティコを率いるシメオネ photo/Getty Images

先日、アトレティコ・マドリード主将のガビは「近年のダービーにはどちらが有利といったことはない」とライバルのレアル・マドリードとのダービーマッチに向けて自信のコメントを残していた。指揮官にディエゴ・シメオネが就任するまでは引き分けでも十分な収穫だったが、今では力関係に差はなくなっている。

スペイン『as』によると、シメオネも19日のマドリード・ダービーに自信を持っている。チャンピオンズリーグの決勝では2度レアルに敗れているが、リーグ戦ではここ6試合負けがないからだ。

「我々は自分たちの長所、短所を理解している。長年レアルの方が我々より良いチームだったのも分かっているが、今では我々もレアルと同等のレベルで争える。1試合なら何でも起こる。リーグ戦は1試合で決まるものではないけどね」

昨季もリーグ戦ではジネディーヌ・ジダンが就任して間もないレアルを1-0で撃破しており、苦手意識は全くないはずだ。今ではレアルの方が堅守を誇るアトレティコを嫌がっているようなところがあり、今回も大量得点が決まるような展開にはならないだろう。得点を決められないまま時間が経過していけばアトレティコのペースとも言えそうだが、アトレティコはライバル・レアルから勝ち点3をもぎ取れるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ