熱血漢クロップが2選手の移籍の噂を一蹴「みんなリヴァプールにいたいと思っている」

「このクラブから離れたくないという雰囲気を作りたい」

「このクラブから離れたくないという雰囲気を作りたい」

選手への信頼を改めて口にしたクロップ監督 photo/Getty Images

昨季途中に就任したリヴァプールを闘争心溢れるフットボールを展開するクラブに変貌させ、現在同クラブをリーグ戦首位に躍進させているユルゲン・クロップ監督。同監督は、移籍の噂が絶えない2選手について口を開いた。

同監督はフェリペ・コウチーニョとダニエル・スタリッジの移籍の可能性について否定的な見解を述べたと、米『ESPN』が伝えている。同監督のコメントは以下の通り。

「僕の意見を言わせてもらうよ。コウチーニョはリヴァプールで非常に快適に過ごしていると思う。僕らはみんな、彼の未来がリヴァプールにあると考えているよ。みんな彼がまだ若いことを忘れてしまっているんじゃないか。ブラジル代表での活躍は素晴らしいけど、まだ24歳なんだし、これからも成長していくと思うよ。スタリッジについても、彼は先日のスコットランドとの代表戦で素晴らしいゴールを決めたし、良い兆候さ。彼が代表から戻ってきた後のクラブでの練習態度を見て、僕は嬉しかった。とても楽しそうな表情をしていたからね」

また、同監督は自身が理想とするクラブの在り方についても語っており、同メディアが以下のコメントを伝えている。

「とても優れた選手が自分のクラブにいれば、長い間チームに残ってほしいと思うのは当然だよ。(中略)僕らは選手たち全員に、このクラブから離れたくないという思いを持たせないといけない。今、僕を心配させるものは何もないさ。選手たちはリヴァプールにいたいと思っているし、そういう思いを持たせることこそ、僕らの取り組んでいる仕事なんだ」

移籍の噂が報じられている2選手だけでなく、リヴァプールの全ての選手に対する愛情を隠さなかったクロップ監督。同クラブの監督と選手の絆の深さが、またひとつ垣間見えた。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ