清武のPK獲得は“怪しい判定”と英紙『Daily Mail』も指摘「サウジはカンカンに怒り」

疑惑PKに英国メディアも言及

疑惑PKに英国メディアも言及

冷静にネットを揺らした清武 photo/Getty Images

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は15日、ロシアW杯に向けたアジア最終予選を戦い、ホームで2-1と勝利を収めた。

立ち上がりから地の利を生かした日本がボールを支配しゲームの主導権を握ると、43分に清武弘嗣のシュートがサウジアラビア選手のハンドを誘発しPKを獲得。これをノリに乗っている男、清武がゴール左脇に決めて先制弾を挙げた。日本にとってはチームに勢いをもたらす“ラッキーなジャッジ”となったが、英『Daily Mail』はこれを「怪しいPKの判定」だと指摘。日本がロシアW杯への希望を繋いだ一方で、「サウジアラビアはカンカンに怒っている」と綴った。

今回清武が得たPKに関しては韓国『Sports Korea』も「誤審によるもの」と主張し、サウジアラビアの選手が触れたのは「手ではなく、胸だった」と分析。多くの議論を呼ぶこととなった日本の先制点だが、すでに手にした勝ち点3は完全にオフィシャルなものだ。

なお、怒涛の攻めを見せたハリルジャパンは後半35分にも左サイドからのクロスボールを原口元気が右足で合わせ、追加点。その10分後には1点差に迫られ、ヒヤリとさせられたものの、ホームでキッチリとアジアの難敵を撃破している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ