ハンドじゃなく左脇だ! 韓国メディアがハリルJにモノ申す「幸せなPK日和での勝利」

判定の是非について言及

判定の是非について言及

貴重な勝ち点3を確保した日本 photo/Getty Images

W杯への切符をたぐり寄せる、貴重な勝利だった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は15日、アジア最終予選のサウジアラビア戦に臨み、2-1で辛勝している。

原口元気や清武弘嗣、そして大迫勇也といったフレッシュな面々を先発に並べた日本は、序盤からゲームを支配し内容で圧倒したものの、結果的に冷や汗のしたたる1点差でゲームは終了。そうなれば、前半に日本が得たPKの是非を、多くのサウジアラビア人とわずかな韓国メディアが問い始めるのも無理はないだろう。43分、清武の放ったシュートが相手選手の手に当たったとの判定により日本はPKを獲得。これをセビージャのアタッカーが左隅に蹴り込み、効率的な先制弾をマークした。

『スポーツ朝鮮』は今回の日本の勝利について、“幸せなPK日和で日本がサウジに勝利した”と題し、「ホームで試合を行なった利点によって日本が勝利に酔いしれることができた」と言及。件のハンドシーンに関しては「(ボールに触れたのは)左脇付近だった」との見解を示した。

アジア最終予選において試合後に審判のジャッジの是非を議論することはもはや風物詩だ。仮に今回日本に与えられたPKが“幸運なもの”だったとして、今後はそれ以上に悪夢のような中東の笛に苦しめられる可能性もある。幾多の試練を乗り越え、最後にロシア行きのチケットを手にしているのが日本であってほしいものだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ