ペップ政権下では深夜の性交渉禁止! ナスリ「彼はメッシにも採用させたと言ってた」

厳格なシティ指揮官の指導メソッドを語る

厳格なシティ指揮官の指導メソッドを語る

現在はリーガでプレイするナスリ photo/Getty Images

サミル・ナスリが一流のフットボーラーであることは明白だが、それ以前にひとりの人間であり、また“オス”でもある。スペインのセビージャで第2のブレイクを楽しむフランス人アタッカーが、マンチェスター・シティを支配する偉大なる指揮官について言及した。

今夏に期限付きでマンチェスターを離れ、スペインへと旅立ったナスリは現在の“セビージャ・バブル”に大きく貢献。やや太り気味だった体型もスリムに改善され、かつてのキレを取り戻しつつある。そんな復調の気配漂う同選手だが、今夏にシティ指揮官へと就任したペップ・グアルディオラの“独特なルール”には戸惑いを隠せなかったようだ。仏『L’Equipe』で語った内容をスペイン『MARCA』が伝えている。

「(ペップ政権において)性交渉は夜12時以降は禁止だった。たとえ翌日が休みだとしてもね。それによって快適な睡眠を取ることができるのさ。ペップは僕らに言ったんだ。このメソッドをメッシやレヴァンドフスキにも採用させて彼らの筋肉系の負傷を極限まで抑え、コンディションをベストに保ったってね」

リオネル・メッシが健全な夜を過ごしていることで世界最高の座を維持できているのかは定かでないが、シティにおけるペップの発言は“絶対”だ。

「彼は別に選手を虐めたがっているわけではない。常に前進させようとしてるんだ。適切なポジショニングやプレイの仕方なんかをね。色々と神経質で気難しいヒトだよ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ