「世界最高はロナウドで次にメッシ、3番目はバーディかな」 グリーズマンが名手を格付け!

現在のサッカー界のトップを分析

現在のサッカー界のトップを分析

近年急成長を見せているグリーズマン photo/Getty Images

彼にはとてつもない野心がある。アトレティコ・マドリードで目覚ましい活躍を披露するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、自身の考える“世界最高”と、その座への憧れを語っている。

2016年は彼にとって複雑なものだった。チャンピオンズリーグと母国開催のユーロで共に決勝へ進出したものの、そのいずれにおいても主役はクリスティアーノ・ロナウドだ。その残像が焼き付いているのか、彼は現在のサッカー界のトップにポルトガル人アタッカーを推している。スペイン紙『as』がグリーズマンのコメントを伝えた。

「クリスティアーノ・ロナウドがトップさ。彼は2つのタイトルを勝ち取った。その次にリオネル・メッシだ。そしてその次にくるのは多分ジェイミー・バーディかな。レスターでプレミアリーグを制したからね」

もちろん彼は自らがバロンドールを勝ち取るという野望を捨ててはいない。

「とりあえず3位に入れれば良いよ。次の年は2位で、その次は1位になりたいね」

近年はロナウドとメッシによる独占状態が続いているバロンドールだが、グリーズマンはそれを打ち破ることができる数少ないタレントの1人だ。今後の奮闘に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ