ハリル、4-0圧勝にも不満アリ「まだトップコンディションじゃない選手がいる」

スコアは圧勝したものの……

スコアは圧勝したものの……

サウジアラビア戦ではどんな采配を見せるか photo/Getty Images

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表が11日、キリンチャレンジカップでオマーン代表と対戦し、4-0の圧勝を収めた。

この日の主役は間違いなくケルンのストライカーだ。久しぶりに代表へ招集された大迫勇也が清武弘嗣とのコンビネーションから前半だけで華麗な2ゴールを奪取。その清武も後半に浅野拓磨が得たPKを決めるなどし、日本は終始オマーンを制圧していたものの、終盤には中盤が間延びする時間帯が続き、オマーンに少なくないチャンスを与えてしまったことも事実だ。試合後の指揮官のコメントも、諸手を挙げての祝福といったムードにはならなかった。

「我々にとっては良いテストマッチだった。良い発見もあれば、悪い発見もあったし、まだまだトップコンディションじゃない選手もいた。今回は多くの選手に新たなチャンスを与えたが、それをうまく生かした選手もいれば、ダメだった選手もいる」

15日には大一番であるロシアW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦を控えるハリルJAPAN。果たして、絶対に負けられない決戦においてスターティングメンバーを勝ち取るのはどの選手になるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ