「フリーキックのためにいるわけじゃない」 ”ピルロ級”と称される男はキックだけの評価に不満

フリーキックばかりに注目集まる

フリーキックばかりに注目集まる

ユヴェントスのピアニッチ photo/Getty Images

今夏ローマからユヴェントスに移籍したMFミラレム・ピアニッチといえば、やはりフリーキックが最大の持ち味だ。6日のキエーヴォ戦でもピアニッチは直接フリーキックから決勝点を挙げており、これ以外にも惜しいフリーキックを放っている。

その精度からピアニッチはフリーキックが得意だった元ユヴェントスMFアンドレア・ピルロと比較されることも多く、キエーヴォ戦のフリーキックは評判通りのものだったはずだ。しかし、ピアニッチ自身はフリーキックのみにスポットライトが当たることに満足していない。

伊『Corriere dello Sport』によると、ピアニッチは「フリーキックのためにユヴェントスにいるわけじゃない」とコメントしており、フリーキック専門の選手といった見方に納得していない。まだまだピアニッチは流れの中から能力をフルに発揮できていないとの批判も受けており、それもフリーキックのみにスポットが当たることに影響しているのかもしれない。

これまでも元リヨンのジュニーニョ・ペルナンブカーノらがピアニッチのフリーキックをワールドクラスと称えていたが、ピアニッチとしてはフリーキックのことを褒められるのはもうお腹一杯なようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ