リヒトシュタイナーがバルセロナに!? SBを探すバルサ、勝利のメンタリティを持つベテラン狙う

今冬の補強は右サイド

今冬の補強は右サイド

来年6月にユヴェントスとの契約が切れるリヒトシュタイナー photo/Getty Images

バルセロナは今冬、サイドバックにポジションに経験豊富なスイス代表DFステファン・リヒトシュタイナーの補強を狙っているようだ。

現在32歳のリヒトシュタイナーは、2017年6月にユヴェントスとの契約が終了する。同クラブは契約延長オプションを保持するものの、リヒトシュタイナーは今季、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のもとで出場機会を減らしており、ユヴェントスは夏の移籍市場を待たずに放出する考えだという。スペイン『MARCA』が伝えた。

今夏、バルセロナは長らく右サイドを支えてきたDFダニエウ・アウベスをユヴェントスに放出した。後釜には中盤の選手ながらコンバートされたセルジ・ロベルトが収まったが、そのバックアッパー、DFアレイクス・ビダルはルイス・エンリケ監督の要求に答えきれず、チームに招集されない日々がつづき、今冬の移籍が噂されている。そこでバルセロナはスイス代表のベテランDFに目をつけ、ロベルト・フェルナンデスSD(スポーツ・ディレクター)が先月行われたスイス対アンドラ戦を視察していたようだ。ユヴェントスの5連覇に貢献し、勝利のメンタリティを持つベテランDFの新天地は、バルセロナになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ