宇佐美に足りないものはなんだ!? アウクスブルク指揮官が欠点を指摘「個の能力は高いが……」

指揮官がフィジカル面の弱さを言及

指揮官がフィジカル面の弱さを言及

出場機会を得られない宇佐美 photo/Getty Images

今夏の移籍市場でガンバ大阪からアウクスブルクへ移籍した日本代表FW宇佐美貴史だが、公式戦の出場時間はたった8分と、新天地では全くと言っていいほど出場機会が得られていない。

そんな中、アウクスブルクの指揮官ディルク・シュスターがインタビューに応じ、宇佐美の現状について次のように語った。独『kicker』などが伝えている。

「攻撃面における個の能力は高い。でも、フィジカル面やエリア内の競り合い、守備面などでまだまだ欠点がある。現在、それらを改善するために頑張っているところだ。ただ、その差は深刻なものではない。他の選手が少しリードしているだけだよ」

宇佐美の足らない部分を指摘しただけでなく、彼への期待も明かした指揮官シュスター。はたして、ドイツで2度目の苦境に立たされている日本屈指のドリブラーは、この期待に応えることができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ