“日本人の欠点”を語るハリル「もっとズル賢くして野心を持つべき。ヴァヒドのようにね」

UAE戦を振り返る

UAE戦を振り返る

ロシアW杯出場を目指すハリルホジッチ photo/Getty Images

彼は日本人の礼節に少なからず歯痒さを感じているのかもしれない。サッカー日本代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチが、サムライブルーに蔓延する特殊なメンタリティについて言及している。

2015年3月より日本の舵取りを担っているハリルホジッチは、これまでにフランスのリールやパリ・サンジェルマン、コートジボワール代表、そしてアルジェリア代表などを率いてきた名将だ。現在は日本代表指揮官として2018年ロシアW杯に向けたアジア最終予選を戦っている同監督が、仏『AFP』のインタビューに応じ、日本代表について語った。中国『Huanqiu.com』や『WORLDSOCCER TALK』が伝えている。

「日本の選手はあまりにも礼儀正し過ぎるね。もっとズル賢くやらないといけない時もあるよ。彼らにはよりアグレッシブでスマートに、そしてもっとしたたかになってもらいたいと思う。野心を持つべきだ。“ヴァヒド”のようにね。私は選手の頃から試合に負けるのが耐えられない。日本は勝利を当たり前とする慣習を作り、敗北を憎まなければならない」

スポーツマンシップと“ずる賢さ”は常に隣り合わせの位置にある。常に勝ちを求め、敗れることを受け入れないバルカン半島出身の名将にとって、行儀の良いフットボールに終始しがちな日本代表選手たちはやや特異な存在なのだろう。ホームでのUAE戦では明らかにゴールラインを割っていたはずの正当な得点が認められず、“中東の笛”として大きな話題となった。日本はいつもアジアで不可解なジャッジの犠牲となり、泣き寝入りを余儀無くされている。ハリルの指摘するように、そろそろクレバーなサッカーの力を借りる時が近づいているのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ