レアルは2位でUCLグループリーグを突破すべき? 2位通過の方がベスト16が楽になるとスペイン紙

今季は少々特殊な状況に

今季は少々特殊な状況に

現在グループ2位のレアル photo/Getty Images

2日に行われたチャンピオンズリーグのレギア・ワルシャワ戦を3-3の引き分けで終えてしまったレアル・マドリードは、現在ドルトムントにグループ首位の座を明け渡してしまっている。勝ち点差は2で、次の直接対決で勝利すれば首位通過も十分可能だ。

しかしスペイン『as』は、今大会に限れば2位通過の方が良いのではないかと伝えている。2位通過のチームは決勝トーナメント一回戦で首位通過のチームと対戦するため、ここで優勝候補とぶつかってしまう可能性もある。しかし、現状は少しばかり特殊だ。

レアルはスペイン勢のため、ベスト16でバルセロナ、アトレティコ・マドリード、セビージャと対戦 することはない。そしてこの3クラブは、現在グループ首位に立っている。

バルサのいるグループCは現在2位にジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティ、アトレティコの所属するグループDではバイエルンが2位だ。そしてセビージャの所属するグループHではユヴェントスが2位となっている。まだ最後まで戦ってみないと結果は分からないが、優勝候補と言われるチームが2位につけていることは注目すべきポイントだろう。首位通過した方がベスト16の戦いが有利との見方もあるが、彼らが2位で通過するのならレアルが首位にこだわる必要はないのかもしれない。

楽という表現はできないが、今季のグループステージは少々偏っている印象がある。グループAはアーセナルとPSGが通過を決めており、どちらも厄介なクラブだ。しかし他のグループを見ると、Bではナポリ、ベジクタシュ、ベンフィカが争い、Eではモナコ、レヴァークーゼン、トッテナムが争っている。

Gもレスター・シティ、ポルト、コペンハーゲンが争っている状況で、彼らは決して優勝候補ではない。アーセナルやPSGを除けば、レアルにとって難しい相手はほとんど存在しないように見える。現在2位に甘んじている状況に不安も感じているレアルサポーターもいるはずだが、今季は2位通過でもいいかもしれない。同メディアも2位通過の方が良いシナリオを描けるのではと伝えているが、首位通過にこだわるべきか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.195 欧州が讃えるサムライ・フットボーラー2018
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ