苦渋舐めたモイーズが語る 「マンUの仕事は難しい。モウリーニョだろうと、モイーズだろうと」

指揮官代えても結果は変わらず

指揮官代えても結果は変わらず

マンUを率いていたモイーズ photo/Getty Images

デイビッド・モイーズのサッカーにはアイディアがない、ルイ・ファン・ハールはポゼッションしてるだけ。徹底的に勝利にこだわるジョゼ・モウリーニョがくれば、マンチェスター・ユナイテッドも変わるはず。誰もがそう期待していたことだろう。

しかし、モウリーニョに代わってもマンUの成績は上がってこない。昨季のチェルシーを見ているかのような苦戦ぶりに、サポーターもクラブもまさかと頭を抱えているはずだ。しかし、モイーズの中では想定内のことだったのかもしれない。

アレックス・ファーガソンの後を受けたモイーズは、マンUで仕事をすることの難しさを嫌というほど味わっている。モウリーニョでも難しいことに変わりはないと考えていたようで、誰であろうとファーガソンのチームを引き継ぐのは難しいと主張している。

「マンUの仕事は誰にとってもタフなものになる。モウリーニョだろうと、ファン・ハールだろうと、私モイーズだろうとね。常にタフな仕事なんだ。なぜなら我々の時代で最も優秀な監督の後を受けているのだからね。マンUには安定感が必要で、クラブは自分たちを信じ、指揮官を信じるものだ。そして指揮官には時間を与えないと」

モイーズはプレミアリーグをよく知る人物として招聘され たが、ビッグクラブを率いるほどのレベルではなかった。ファン・ハールも軌道修正しようと動いたが、あまり結果は変わらなかった。ならばと大型補強をしたチームをモウリーニョに託したが、やはり結果は変わっていない。

マンUが常勝軍団に戻るには何をすればいいのか。偉大すぎたファーガソン政権の終了以降チームの混乱は続いている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ