骨を折りながらもフル出場で無失点! レスター、守護神がUCLで手を骨折していたことを発表

全治4~6週間程度かかる見込み

全治4~6週間程度かかる見込み

手を骨折したシュマイケル photo/Getty Images

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは3日、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルが右手を骨折したことを発表した。なお、イギリスに帰国後、詳しい検査を行うことも発表している。

2日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節のコペンハーゲン戦でレスターの守護神を務め、フル出場を果たしたシュマイケル。相手の攻撃をシャットアウトし、試合はスコアレスドローに終わったが、前半の途中ですでにケガを負っていたようだ。そして、英『sky SPORTS』などの複数メディアによると、全治4~6週間程度かかると見られており、検査結果次第では手術へ踏み切る可能性があるようだ。

今季公式戦13試合に出場し、これまでレスターのゴールマウスを守ってきたシュマイケルの離脱は、チームにとってかなりの痛手となるかもしれない。レスターは6日、プレミアリーグ第11節でウェスト・ブロムウィッチとホームで対戦予定である。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ