「2度とバルサでプレイすべきでない!10人になったも同然」 マンC戦でまた”例の選手”に批判が

一時は信頼を取り戻したが‥‥

一時は信頼を取り戻したが‥‥

バルサでプレイするアルダ photo/Getty Images

1日に行われたマンチェスター・シティとの一戦を1-3で落としたバルセロナは、またしても例の選手に批判が集まっている。その選手とは、後半16分からイヴァン・ラキティッチに代わってピッチに入ったMFアルダ・トゥランだ。

昨季もアルダはバルサ、そしてトルコ代表として出場したEURO2016でのパフォーマンスが批判の対象となっていたが、今季は徐々に本来のプレイを披露。批判は収まったかに思われた。

しかし『Turkish Football』によると、今回のマンC戦でバルササポーターから批判の声が出ているという。アルダは中盤でボールロストを繰り返すなど、良いパフォーマンスとは言えなかった。これについてSNS上では、
「アルダは2度とバルサでプレイすべきでない」

「恐ろしく酷いパフォーマンスだった」

「エンリケはアルダをプレイさせれば10人になったも同然と分かっているはず」

など、厳しい意見が出ている。今季開幕からのパフォーマンスでアルダはインサイドハーフ、さらにはMSNの代役も任せられると好評だったのだが、またしても悪いイメージを植え付けてしまったようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ