“マンUがバルサに勝つのは不可能だった” メッシが振り返る2008-09UCL決勝の衝撃

バルサがマンUを軽くひねる

バルサがマンUを軽くひねる

メッシが振り返る黄金期 photo/Getty Images

ジョゼップ・グアルディオラが率いたバルセロナは、2008-09シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。今思えばこの試合がバルサ黄金期の始まりを告げるものだったのかもしれないが、バルサは圧倒的な強さでマンUを撃破。あっさりとチャンピオンズリーグを制してみせた。

当時のマンUも名将アレックス・ファーガソンの下で完成されたチームになっており、まだクリスティアーノ・ロナウドも所属していた。しかし、グアルディオラのサッカーが浸透したバルサには手も足も出なかった。この試合で勝利を決定づける2点目を頭で決めたFWリオネル・メッシも、あの試合でマンUがバルサに勝つのは不可能だったと考えているようだ。

英『The Sun』によると、メッシは「あのようなプレイをすれば、相手チームが僕たちにダメージを与えるのは不可能だと思う。ローマでのUCL決勝はパーフェクトゲームの1つだった」とコメントしており、かなりの手応えがあったようだ。

あの時は世界がグアルディオラのスタイルに慣れていなかったこともあり、余計に衝撃は大きかった。マンUほどのチームがボールを奪うことに苦労し、バルサが完全に試合を支配していた。そこからバルサはグアルディオラの下で異次元の強さを誇るチームとなり、最終的に14のタイトルを獲得することとなった。

メッシもパーフェクトな試合と記憶しているようだが、あの試合でマンUが勝つのは不可能だったか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ