“ピケ&マスチェ”の時代もそろそろ終わり? バルサ新加入DFが出た試合は全勝だった

スペイン紙も働きを称賛

スペイン紙も働きを称賛

ロナウドを止めにかかるマスチェラーノとピケ photo/Getty Images

バルセロナのセンターバックにも世代交代の時期がきているのかもしれない。

近年のバルサはジェラール・ピケとハビエル・マスチェラーノがコンビを組み、高さとスピードと異なる特性を持つ2人の関係性は上手く機能していた。しかし、今では今夏にバルサへ加入したフランス代表DFサミュエル・ウンティティというオプションが存在する。

ウンティティは加入後もスムーズに溶け込み、印象的なパフォーマンスを見せている。全てがウンティティのおかげとは言えないが、ここまでウンティティが出場した試合は全勝している。今季はリーグ戦でアラベスに1-2、セルタに3-4で敗れているが、ウンティティは出場していないのだ。

スペイン『MARCA』もウンティティが信頼できるセンターバックになってきたと伝えており、ボールを繋ぐ能力、空中戦の強さ、ポジショニングの安定度などを称賛している。バルサにとってセンターバックはなかなか適任者が見つからないポジションだったが、ウンティティは将来を託せるDFと言えるかもしれない。

ピケの相棒を務めるマスチェラーノは32歳で、そう長くはトップパフォーマンスを維持できないだろう。ウンティティはそれよりも10も若い22歳で、バルサは最高の補強をしたと言えるはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ