「本田かロナウジーニョのやり方」 伊紙が称賛するボナベントゥーラの“カンニング相手”

「練習場だけのサムライ」でなぜ悪い?

「練習場だけのサムライ」でなぜ悪い?

FKの技術には定評がある本田 photo/Getty Images

30日に行われたペスカーラ戦をピッチ脇から傍観していたミランの本田圭佑は、とある理由からこの一戦における“マン・オブ・ザ・マッチ”に選ばれている。

後半4分にジャコモ・ボナベントゥーラが壁の下を射抜くFK弾をゴール左に叩き込み、その1点を守り切ったミランが今季7勝目を挙げた。チームに勝利をもたらしたボナベントゥーラに称賛の声が集まるのは自然な成り行きといえるが、彼の見事なゴールが「本田を手本にした」とモンテッラ監督によって明かされると、日本代表MFは思わぬスポットライトを浴びることとなった。伊『Gazzetta dello sport』は同試合のMVPとしてFKのスペシャリストである「(元ミランの)ロナウジーニョと本田のコンビ」を挙げ、“斜め上”な視点から辛勝の背景を説明している。

「もしもここが学校ならばボナベントゥーラはカンニングの犯人として裁かれるだろうが、幸運なことにピッチ上では例外だ。隣の席の回答を覗き見することで自身のクオリティを高めることができる。ボナベントゥーラはしっかりと盗み取り、体現してみせた。これは(本田による)素晴らしい間接的なアシストだ。それでもケイスケが不要だと言うのか。いずれにせよ、壁の下に蹴るスタイルは本田かロナウジーニョのやり方である」

皮肉と捉えることも決して不可能な作業ではない。彼は前節のジェノア戦で決定的な連携ミスの主犯を演じると、完敗の元凶とされ、伊メディアによる壮絶なバッシングを浴びたからだ。そしてピッチ上で存在感を発揮できない本田を“練習場だけのサムライ”と揶揄した伊紙もこの『Gazzetta dello sport』だということを付け加える必要があるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ