香川はJリーグに復帰すべきなのか!? 期待される”中村俊輔の後継者”としての働きと代表での復活

日本代表にも良い効果?

日本代表にも良い効果?

ドルトムントに所属する香川 photo/Getty Images

先日、ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司にJリーグの横浜M行きの話題が浮上した。Jリーグを盛り上げるきっかけにしたいとの考えもあるようだが、この話題を受けて米『ESPN』は香川がJリーグに戻るべきなのかを検証している。

現在香川はドルトムントで定位置を確保できていない状況で、ラファエル・ゲレイロらが戻ってくればベンチに戻る可能性が高い。同メディアも香川のテクニックが落ちたわけではないと見ているものの、欧州へ渡った直後に見せていたような魔法のプレイが減ったと伝えており、ドルトムントでスタメンを奪取する可能性は難しいかもしれない。

ドルトムントでポジションを失ったから日本に帰ると言ってしまえば印象は悪いが、同メディアはJリーグ復帰も悪いことではないと考えている。香川はブンデスリーガ制覇、さらにはマンチェスター・ユナイテッドでプレイした経歴を持っており、海外組の中でも成功者の部類に入る。日本に復帰しても歓迎されることは間違いなく、失望の帰還とはならない。

戻ってきた年齢が違うものの、同メディアは横浜Mに戻ってきた中村俊輔を例に挙げている。中村もエスパニョールでは苦しんだものの、セルティックでは強烈すぎるインパクトを残した。中村の復帰はJリーグへの関心度を高め、38歳になった今でも技術はずば抜けている。同メディアは香川が中村の後継者になれると考えているようで、同じような効果を期待している。

また、同メディアは香川のJ復帰は日本代表にもポジティブな効果が期待できると伝えており、香川のベストフォームを引き出しやすくなると考えているようだ。香川はここ最近日本代表で低調なパフォーマンスが続いているが、ベストフォームを取り戻すために日本でプレイするのは悪い選択肢ではない。ドイツから代表に合流するのは疲労もあり、ドルトムントで安定した出場機会を得られないのは尚更よくない。

代表でのパフォーマンスにスポットを当てるのであれば、日本でのプレイも良いことに繋がるかもしれない。同メディアはこの冬が重要なものになると伝えているが、香川は日本に復帰すべきなのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ