元インテルの“爆速FW”マルティンスが上海申花との新契約で9億円プレイヤーへ!

まだまだスピードは健在だ

まだまだスピードは健在だ

かつてセリエAを席巻したマルティンス photo/Getty Images

骨の髄までインテルを愛している人間がいるとすれば、この名前にすぐさまピンとくるはずだ。中国スーパーリーグの上海申花に所属するナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスは、新たな契約更改で凄まじい金額を手にすることになるかもしれない。

母国のエベデイにてそのキャリアをスタートさせたマルティンスは2001年にイタリア屈指のビッグクラブであるインテルへと加入し、超人的なスピードと圧巻のフィジカルでクリスティアン・ヴィエリやアルバロ・レコバといった時のスターらと共に優雅な攻撃ユニットを形成した。“世界で最も速い”ストライカーと謳われたこの怪人は、後にニューカッスルやレバンテといったクラブを経て、2016年2月より中国へ上陸。その類稀なる身体能力は今も健在だ。

『Soccer net』が報じたところによると、上海申花はマルティンスとの契約延長を望んでおり、年俸としておよそ9億1000万円もの金額を提示することになるという。これはマンチェスター・シティでプレイする同胞のケレチ・イヘアナチョを凌ぐナイジェリア人としての最高年俸となり、32歳となった現在でも今だに多くをもたらせる名手であることを存分に示している。

近年は多くのスター選手を招き入れることに成功している中国だが、マルティンスもまたその破格待遇を受けるに値する選手の1人だと言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ