ベイルの給料が世界最高額 レアルとの契約延長で手にする額は……

英紙の推定で1億5000万ポンド

英紙の推定で1億5000万ポンド

レアルと契約延長したベイル photo/Getty Images

レアル・マドリードは30日、ウェールズ代表MFガレス・ベイルと契約延長したことを発表した。レアルとベイルは新たに2022年6月30日までの契約で合意に至った。

ベイルはこの新契約の結果、給料やボーナスを含め、今後の6年間で推定1億5000万ポンドを受け取り、世界最高額の高給取りとなると英紙『the guardian』が伝えている。現在27歳のベイルは、2013年9月に当時、史上最高額の移籍金となる8500万ポンドでトッテナムからレアル・マドリードに加入。その後レアルでは、2度のUEFAチャンピオンズリーグ制覇とスペイン国王杯、FIFAクラブワールドカップ優勝に貢献した。

レアルはガレス・ベイルよりも先にトニ・クロース、ルカ・モドリッチ、ルーカス・バスケスと契約延長を済ませ、今後はクリスティアーノ・ロナウドなどの主力メンバーとも交渉を進めていく。今回の契約延長でロナウドを上回ったベイルだが、すぐにロナウドが追い越される可能性もあり、今後の動向から目が離せない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ