ローマMFフロレンツィ、サッスオーロ戦で涙の負傷退場 左ひざ前十字じん帯断裂で長期離脱へ

今季の残りの試合を棒に振る可能性も……

今季の残りの試合を棒に振る可能性も……

担架で運び出される際、涙を流していたフロレンツィ photo/Getty Images

ローマは27日、イタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィが、左ひざ前十字じん帯断裂の大ケガを負ったことを発表した。なお、同日に手術を行うことも発表している。

26日に行われたセリエA第10節のサッスオーロ戦でスタメンに名を連ねていたフロレンツィは、終了間際の85分にひざを負傷。涙を流しながら担架で運び出され、フランチェスコ・トッティとの交代を強いられていた。そして、試合直後の検査では重傷ではないと見られていたが、その後の詳しい検査でじん帯断裂が発覚。長期離脱が余儀なくされた。

手術の結果やリハビリの進み具合によっては、今季の残りの試合をすべて棒に振る可能性も十分にある。はたして、復帰までにどれくらいの期間を要することとなるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ