「ゴールは正当。ミラン側の抗議が主審に迷い生んだ」 ユヴェントス指揮官は先制点取り消しに不満

オフサイドで判定覆る

オフサイドで判定覆る

ユヴェントス指揮官アッレグリ photo/Getty Images

22日に行われたミランとユヴェントスの一戦は、1-0でまさかのミランが勝利した。現在のミランは好調だが、王者までねじ伏せたのは驚きだ。

この試合の流れを変える1つのきっかけとなったのが、前半のユヴェントスMFミラレム・ピアニッチのフリーキックだ。ピアニッチは味方に合わせるボールを蹴り、そこにユヴェントスの選手も飛び込んだ。ユヴェントスの選手が飛び込んだことでミランGKジャンルイジ・ドンナルンマに迷いが生じ、ボールはそのままゴールネットを揺らした。

ユヴェントスにとっては貴重な先制点となったが、その後ミランの選手が副審にオフサイドがあったと詰め寄り、最終的に判定が覆ったのだ。

伊『Mediaset』によると、これについてユヴェントス指揮官マッシミリアーノ・アッレグリは、ミラン側の抗議が主審を惑わせたと不満気だ。ピアニッチのゴールは認められるべきだったとの見解を示している。

「ミランの得点は見事だったし、我々はアンラッキーだった。我々は技術的なレベルで良いプレイをしていたし、ゴールも決めた。だが、認められなかった。こういうことは起こるものさ。ゴールは正当なものだったが、ミラン側の抗議が主審に迷いを生んだね」

仮にあのままゴールと認められていれば、ユヴェントスはゲームをコントロールできたはずだ。ミランにとっては少し運が良かったとも言えるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ