イカルディにチクリ 自伝問題にミランMF「まず何かを勝ち取れば、自伝を書けるようになるだろうね」

何も獲得してなければ書くことなし?

何も獲得してなければ書くことなし?

自伝問題で揺れたイカルディ photo/Getty Images

結局主将の座を降ろされることはなかったが、インテルFWマウロ・イカルディの自伝は大きな問題となった。イカルディが熱狂的なサポーターであるウルトラスを批判するようなことを書いたのが問題で、クラブは余計なことに労力を使うことになってしまった。

この一件について、伊『Gazzetta dello Sport』がライバルクラブのミランMFジャコモ・ボナベントゥーラに意見を求めている。ボナベントゥーラは今自身が自伝を書いたら面白くない作品が完成するだろうとコメントし、何かタイトルを獲得してから書くと持論を述べた。

「もし僕が自伝を書いていたら、それはとても退屈なものだっただろうね。僕は伝えられるような多くのストーリーを持っていないんだ。まずは何かを勝ち取り、それから話せるようになるだろうね」

イカルディはセリエA得点王のタイトルは獲得したが、クラブや代表チームで何かを勝ち取ったことはない。23歳の若さで自伝を書いたことには疑問の声もあったが、まずは何かを成し遂げてから書き始めた方がよさそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ