昨夏の嫌な思い出消えた? アトレティコ新加入FWが”大失敗のジャクソン”をすでに超えた

スペイン紙もガメイロのパフォーマンス称える

スペイン紙もガメイロのパフォーマンス称える

アトレティコにフィットしなかったマルティネス photo/Getty Images

今夏積極的な補強に動いたアトレティコ・マドリードにおいて、最も注目を浴びていた選手の1人がFWケビン・ガメイロだ。一時はジエゴ・コスタの復帰説も浮上したが、最終的にはセビージャからガメイロが加入。昨季も前線で奮闘したアントワーヌ・グリーズマンの負担を軽減することが期待されていた。

アトレティコは昨夏グリーズマンの負担軽減に失敗している。アトレティコは昨夏ポルトからジャクソン・マルティネスを獲得したものの、全くフィットせず半年で中国の広州恒大に移籍。広州恒大が4200万ユーロも支払ってくれたことで大きな損失を被ることはなかったが、前線の層を厚くすることはできなかった。

マルティネスは失敗したが、ガメイロはここまで印象的なパフォーマンスを見せている。まだまだ途中出場も多いが、スペイン『as』はすでにガメイロが得点に関わった回数がマルティネスを超えたと伝えており、今夏獲得されたガメイロがマルティネスとは違うことをアピールしている。

ガメイロはすでにマルティネスと同じ3得点を記録しており、アシストも3つ決めている。同メディアによればマルティネスはアトレティコで5得点にしか関わることができなかったが、ガメイロは6得点ですでにそれを超えている。カウンター時に見せる爆発的なスピードも印象的で、終盤でも得点を狙えるようになったのは大きい。

マルティネスの件があったからこそガメイロには大きな期待がかかっていたが、ここまでは順調にきていると言えるのではないだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ