プレミアが優れてるのはフィジカルのみ? シャカ「テクニック、戦術面はブンデスも同じレベル」

両リーグの違いを語る

両リーグの違いを語る

今夏アーセナルに加入したシャカ photo/Getty Images

今夏ブンデスリーガのボルシアMGからアーセナルに移籍したスイス代表MFグラニト・ジャカは、想像以上に早くプレミアリーグのスタイルに馴染んでいる。指揮官のアーセン・ヴェンゲルもジャカを高く評価しており、チームの中盤に欠けていたパワーをプラスする人材として期待されている。

そんなジャカが思うプレミアリーグとブンデスリーガの違いはどこにあるのか。米『ESPN』によると、やはりフィジカル面ではプレミアリーグの方が激しいとの感覚があるようだ。しかし戦術面や選手個々のテクニックではブンデスリーガも負けていないと感じているようで、開幕から数試合プレイした中での印象を語っている。

「フィジカルの面では、プレミアリーグの方がブンデスリーガよりも激しいね。テンポも早く、プレッシャーもある。特にアーセナルではボルシアMG以上にプレッシャーがかかるよ。ただ、テクニックや戦術面ではブンデスリーガも同じレベルにあると思うね」

プレミアリーグは縦への展開がスピーディーで、パワーによるぶつかり合いも好まれる傾向にある。ジャカもその違いは肌で感じているようだ。しかしながらテクニック面ではブンデスリーガも伸びており、プレミアリーグとの差がほとんどなくなってきているようにも感じられる。フィジカルの強さにも定評があるシャカにとって、プレミアリーグは溶け込みやすい環境だったかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ