ネイマールを血だらけにしたボリビアの“ブンブン丸”が逆ギレ「彼は試合中ずっとムカつく」

ネイマールの態度に問題?

ネイマールの態度に問題?

負傷によりピッチを後にしたネイマール photo/Getty Images

もはやネイマールという男は大量の流血を以ってしても謝罪を受けることはできないのだろうか。2018年ロシアW杯南米予選でブラジル代表のエースにエルボーを食らわせたボリビアのジャスマニ・ドゥクが、爽快な“逆ギレ”を披露している。

ホームに難敵ボリビアを迎え、南米予選の9戦目を戦ったブラジル。試合は5-0でサッカー王国の圧勝に終わったものの、ネイマールにとっての素晴らしい1日だったかどうかは分からない。というのもこのバルセロナの技巧派ストライカーはピッチを去る際、溢れんばかりの血で覆われていたからだ。彼を流血させたキッカケとなる鋭い肘打ちを豪快に浴びせたボリビアのFWドゥクは試合後、ネイマールに詫びるどころか、彼の態度に問題があると指摘し始めた。スペイン紙『as』が伝えている。

「ネイマールは生意気すぎる。試合中の彼はずっとムカつく態度で周りに接していた。(例のシーンで)僕はネイマールを止めようと思っただけだ。フットボールでは常にあのようなアクシデントは起こりうる。皆、分かってることだ。カラダとカラダのぶつかり合いさ。僕だって昔、鼻が壊れたことがあるけど、周りは特に気にもとめてなかった。ネイマールは世界最高を目指すなら、まずは生意気な態度を直すべきだね。対戦相手を尊敬しなきゃいけない」

自らの顔面を血だらけにさせた人間による、恐らくは正論であろう助言をネイマールは素直に聞き入れることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ