マンUよ、トップ4入り狙うよりUELに真剣になるべきだ マーソン氏「UCLの資格があるとは……」

UEL制覇狙うべきか

UEL制覇狙うべきか

リーグ戦6位と苦しむマンU photo/Getty Images

今夏にポール・ポグバ、ズラタン・イブラヒモビッチを獲得するなど積極的な補強に動いたマンチェスター・ユナイテッドだが、現在はリーグ戦で6位とやや苦戦している。

この状況にかつてアーセナルなどで活躍したポール・マーソン氏は、チャンピオンズリーグ出場権を掴むのが難しいのではないかと感じ始めている。

英『Daily Star』によるとマーソン氏は、「私はマンUにチャンピオンズリーグの資格があるとは思わない。モウリーニョが大衆の前で自分の選手を批判し始め、フラストレーションが溜まっていることを示している」とコメントし、トップ4入りが難しいとの見方を示している。

また、マーソン氏はモウリーニョもそれを理解していると考えているようで、今季出場しているヨーロッパリーグに全力を注ぐべきと主張している。

「モウリーニョは安全策としてヨーロッパリーグを獲る必要があるかもしれないと分かっている。以前は同大会に真剣になる必要はなかった。しかしヨーロッパリーグの勝者にはチャンピオンズリーグ出場権が与えられるし、マンUはリーグ戦で上手くいっていない。彼らは今真剣にヨーロッパリーグを獲る必要があるかもしれないね」

本来リーグ戦に集中するためにヨーロッパリーグにはサブ組を中心に臨んでもいいが、リーグ戦でトップ4入りが見えてこない以上ヨーロッパリーグに賭けるのも1つの手だ。マンUの戦力を考えれば優勝することも十分に可能であり、チャンピオンズリーグを狙うにはこれしか方法はないのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ