ルーニーのこんな姿もう1度見てみたい プレミアベストゴールに選ばれたのは”伝説のジャンピングボレー”

ライバルをねじ伏せる一撃

ライバルをねじ伏せる一撃

ルーニーの輝く姿をもう1度 photo/Getty Images

世界トップレベルのリーグの1つであるプレミアリーグでは、これまで数えきれないほどのスーパーゴールが生まれてきた。どれほど時間が経ってもサッカーファンの脳裏に焼き付いているゴールもあるはずだが、プレミアリーグで最も凄かったゴールはどれか。

英『sky SPORTS』はプレミアリーグで通算100得点以上を挙げた25選手の中からベストゴールをそれぞれチョイスし、アンケート調査を実施。

その結果、5位に選ばれたのはマンチェスター・ユナイテッドでプレイしていたFWロビン・ファン・ペルシーが2013年のアストン・ヴィラ戦で決めたボレーシュートだ。ウェイン・ルーニーからのロングパスに抜け出したファン・ペルシーは、後方から来たボールをダイレクトでシュート。ボールはゴールに突き刺さった。

4位は同じくマンUのポール・スコールズが2006年にアストン・ヴィラ戦で決めたダイレクトボレーシュートだ。コーナーキックのクリアボールをペナルティエリア外からダイレクトで合わせたもので、滞空時間の長いボールにピッタリのタイミングで合わせた得点は今もサポーターの記憶に残っているようだ。

3位はテクニックというより気持ちで決めたマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロの優勝を決定づける劇的ゴールだ。勝てば優勝のQPR戦で、後半ロスタイムにアグエロが抜け出しての劇的ゴール。あのシーンに震えたファンは多いはずだ。

2位にはリヴァプールのスティーブン・ジェラードが2005年にミドルズブラ戦で決めた得点が選ばれた。味方からのロングパスを受けたジェラードは、普通の人ならシュートを選択しないところで豪快に右足を振りぬいた。正確すぎるタッチに強烈すぎるシュートは、ジェラードのミドルシュートの中でも代表作の1つと言えよう。

そして1位は、現在何かと批判を浴びているマンUのウェイン・ルーニーがマンCとのダービーマッチで決めた伝説のジャンピングボレーシュートだ。ナニのクロスボールを右足で思い切りたたき込み、ライバルをねじ伏せてみせた。30歳となった今のルーニーにこのようなゴールは決められるだろうか。

ルーニーはプレミアリーグの歴史の中でも最も記憶に残る選手の1人だが、現在は苦しい立場にある。サポーターはもう1度輝く姿を見たいはずだが、ルーニーは復活できるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ