日本に“ロスタイム6分”をもたらした韓国人審判に母国からブーイング「いくら貰ったんだ?」

不満の声続々

不満の声続々

辛くも勝利を収めた日本 photo/Getty Images

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は6日、埼玉スタジアムでロシアW杯に向けたアジア最終予選を戦い、2-1と辛勝した。

25分、“明らかにオフサイドだった”清武弘嗣のアシストから原口元気が先制した日本は、その後セットプレイから失点し同点に追いつかれるも、6分というロスタイムの恩恵もあり、95分に山口蛍が劇的な決勝ゴールを挙げている。いわく付きの2ゴールによって黒星を喫したイラクのラディ・スワディ監督は試合後に「負けたのは我々の落ち度ではなく、主審のジャッジのせい」と話し、怒りを露呈。そして今やこのゲームを担当したキム・ドンジン主審や副審らの母国である韓国からもクレームが届いている。韓国『スポーツコリア』は、日本代表の勝利の“妨げ”とはならなかった審判団について次のように述べた。

「まさに疑惑のジャッジだ。明らかなオフサイドから日本の先制ゴールは生まれ、そのロスタイムは異常に長かった。最終的に日本は95分の山口蛍のシュートにより爽快な勝利を持ち去っている」

また、これら一連のジャッジについて不満を述べる韓国サポーターの声を中国『Record China』が掲載している。

「これほど明白なオフサイドなら仮に小学生でも笛を吹けるだろう。なぜここまでして日本を助けるんだ」

「イラクよ、申し訳ない」

「審判は幾らもらったんだ?」

「この審判を永遠に除名しろ」

「彼らは国の恥だよ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ