イラクのベイル!? 日本代表は“イラク人初のセリエAプレイヤー”に要注意

18歳でA代表デビュー

18歳でA代表デビュー

“イラクのベイル”ことアリ・アドナン photo/Getty Images

6日にアジア最終予選でイラク代表と対戦する日本代表だが、同試合では“イラクのベイル”とも称されるDFアリ・アドナンに警戒が必要だ。

現在22歳のアリ・アドナンは、18歳時にA代表デビュー。2013年にはアジア年間最優秀若手選手賞を受賞しており、2015年にはウディネーゼに移籍してイラク人初のセリエAプレイヤーとなった。

また、アリ・アドナンを“要注意人物”として挙げている日本サッカー協会の公式サイトでは、同選手の特徴を「左利きのアドナン選手は左サイドバックを主戦場とするが、攻撃力を買われて左ウィングでもクオリティの高いプレイを見せる。左足キックの精度とパワーが持ち味で、クロスでチャンスを供給するだけでなく、強烈なミドルシュートでゴールを陥れることもでき、セットプレイでも相手に脅威を与える」と説明している。

埼玉スタジアムで9月に開催されたUAE代表戦ではまさかの敗北を喫した日本代表。再び埼玉スタジアムで開催されるイラク代表戦ではアリ・アドナンを抑え、ホームでの初勝利を挙げることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ