まさかのミス犯したテア・シュテーゲン、落ち込むことなかれ あのバルサの名手も同じことをしていた

蹴ったボールが相手の体に当たるまさかのミス

蹴ったボールが相手の体に当たるまさかのミス

ミスをしてしまったテア・シュテーゲン photo/Getty Images

近年は足元の技術に長けたGKが重宝されるが、GKがボールを持つことには多大なリスクがあることも忘れてはならない。それを改めて証明したのがバルセロナGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンだ。

テア・シュテーゲンは2日のセルタ戦で味方からのバックパスを受け、冷静にボールをキープ。左からはパブロ・エルナンデスが詰めてきていたが、エルナンデスの頭上を越えるパスを蹴ろうとしたのか、フワリとしたボールを左サイド目がけて蹴った。しかしこれがエルナンデスの体に当たってしまい、そのままゴールに入ってしまった。

テア・シュテーゲンのミスは信じられないレベルのものだが、バルセロナのGKでこうしたミスをした選手は他にもいる。それはあのビクトール・バルデスだ。バルデスは2005年のバレンシア戦で、蹴ったボールがダビド・ビジャの足に当たってそのままゴールに入ってしまうミスを犯している。テア・シュテーゲンと全く同じ類のミスだ。

スペイン『as』もテア・シュテーゲンが初めての存在ではないと伝えており、バルデスはここからバルセロナに欠かせないGKへと成長していった。テア・シュテーゲンもこの経験を活かしてくれることだろう。バルセロナのGKには特に足元の技術が求められるが、こうしたリスクがあることも忘れてはならない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ