ルーマニアとイタリアの差を痛感! アストラ瀬戸「トッティはただただ、すげー」

トッティから刺激を受けた瀬戸

トッティから刺激を受けた瀬戸

トッティと握手を交わす瀬戸 photo/Getty Images

MF瀬戸貴幸が所属するアストラは29日、ヨーロッパリーグのグループステージ第2節でローマと対戦した。試合は、主将フランチェスコ・トッティの2アシストなどから4点をローマに奪われ、アストラは0-4で完封負け。力の差を見せ付けられる結果となった。

そんな中、フル出場を果たした瀬戸が試合後に自身のブログを更新。ローマ戦を次のように振り返った。

「完敗でしたー。これがルーマニアとイタリアの差かな。チームとしてはほとんどなにもできなかった。でも立ち上がりのチャンスを決めていたらどんな展開になってたかわからないし。僕らみたいな小さなチームは少ないチャンスをものにできるかどうかだと思う。トッティは40歳だけど、さすが王子。ほとんどワンタッチプレイじゃないかな。ただただ、すげーと思いました」

40歳になっても現役バリバリのトッティから得るものは、さぞかし多かったことだろう。アストラは10月20日に行われる第3節でプルゼンと対戦する。この試合でローマ戦の経験をぜひとも活かしてもらいたいものだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ